FC2ブログ
知らずにアダルト業界へ足を踏み込んでしまった私は、果たしてやっていけるのでしょうか。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
せつない話、第2弾?
そういえば



せつない話で思い出したことが一つ





先日えぁ~マイコはんをJAN登録したときの話である

このえぁ~マイコはんの
「JICFS分類」が分からなかったので
あの? 上司にお願いをして決めてもらった



(JICFS分類についての説明はここでは割愛させていただきますね)



さあ、全て記入をして、JANコードを登録申請する会社へメール送信!

あとは、えぁ~マイコはんが登録されるのを粛々と待つばかり





しばらくしたある日

今日はお休みの私である

すると普段何も連絡をしてこない上司が

「いやぁ、なんか、JANコード申請で聞きたいことがあるって電話があって」

と電話をしてきた

どうやら折り返し電話がほしいという要件



んんん?

なんだ、なんだ?

いつものとおり申請をしただけだぞ、
何があったかと
買い物途中だったが
びびりながらご担当者様にその場で電話をしてみた



すると

すごくご丁寧な女性のご担当者様で
まあ、想像するに、中堅クラスのデキる感じの女性の声

その方が

「先日ご登録いただいた『えぁ~マイコ』のことですが・・・」

申し訳なさそうな声で



「すいません! 何か不手際がありましたでしょうか!」

私も少しは大人的な会話はできる


「JICFS分類が『子どものおもちゃのビニール』になっていましたが違いますよね・・・」



うわー! なんてことをしてくれたんだ!!

「すいません、すいません!! すぐに修正して再提出いたしますんで!!」

慌てふためく私



それを、デキる女性はやはり大人的な対応で

「大丈夫です
お調べしたところ内容的に『ジョークトイ』が適切ではないかと思いますので
私の方で訂正しておきます」


「うわー! すいません、すいません! 『ジョークトイ』で問題ございませんので!!」

そのデキる女性がどの方向にいるのか知らないが
イケてない営業マンのように
ケータイ片手に腰90度で頭を何度も下げ平謝り



ショッピングモールでそんなことをしている私の姿は
端から見るとこっけいであるが


でも

そんなことはどうでもいい!



きっと、きっとよ、
そのデキる女性の方も妙齢でしょうに
そこそこ実績も上げて
いい大人の女的なニオイをさせた方が
どこぞのオフィスの一角で
えぁ~マイコはんを検索して内容確認をしている姿を想像すると
なんだか、とっても申し訳ない気持ちになってしまった





この会社に入社して、はや10カ月

就職した当日にアダルトグッズを製作している会社だと判明したときでさえ
辞めたいとは思わなかった私だったか

このときばかりは

ほんと、ちらりと辞めようかと思った

そんなせつない話でした

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

page top
お久しぶりで・・・
ご無沙汰をしております



あいつ、アダルトについていけずに
とうとう会社を辞めたのか?


と、思われていた方
辞めていません


むしろどっぷりでございます

毎日マイコを愛でている生活をしています





さて先回までは
マイコ開発会議といえば
無理やり出席をさせてもらっていた私めですが



さすがアットホームな会社だけあって
いまではしっかり
開発メンバーの一員に成り上がっております


さあさあ
先回までの議題


20150202_142911.jpg 
こんなんを考えています

という内容でしたが


このロム状態だった日々で
ある日の開発会議 
こんなまでレベルアップ? した会議を行っておりました


このテーブルにデロロ~ンと
女体盛りのように横たわっている彼女は
開発部長が中国へ出張した際に
連れ帰ったお方


社内スタッフの女子には

笑えないくらい、怖いわっ(怒)!


クレーム続出ですが

まあまあ、そこは開発部長のお人柄

いやいや、これがまた実は・・・



会議を進行

さすがであるが

会議が終わると
彼女が私の席の後ろを陣取って
常時監視されているようで
さすがに怖い

さすがに怖いので
ひとまず名前をつけてあげることにした


これは勝手な持論であるが
こういうアダルトなグッズの王道キーワードって
アニオタやロタ
ではないかと思っている

彼女はその路線からは
かなりかけ離れている


なのでせめて名前だけでも


・・・

うーん
全く浮かばない


浮かばないので
あのREALさんの
「リアルタイム3D痴漢シミュレーター」の
いたずら狂悪」の主人公
ナツメちゃんにちなんで

古代中国の五果の一つから

桃さん

と命名

桃さん

そのうちお洋服を持ってきてあげるからね




page top
さらなる快楽のために
先回までのお話し


先回の開発会議で

マイコどすをより快適にご利用いただくために
何かいい方法はないか 



という議題に対し


マイコどすを持つ手がだるいんじゃないか
これをどうにかできないか

そんな感じの内容で
議題持ち越しとなった今週



さてその結果はいかに!

ということで

この会議のオチが気になる私は

今回も半分無理ゴリ
会議に出席させてもらった



そして会議開始早々

開発者が
「こんなん考えました!」



会議室のテーブルにどかんと置いた

20150202_142911.jpg 

んんん??


ここからは企業秘密なので
内容は割愛させていただきますが


これどんなものになるのかは

こうご期待ですが

私たちは日々進化していきます
















page top
ある午後の出来事

近ごろあんまりブログネタがない私


なので
ある日の午後に行われた
開発会議に同席することにした

まあ、いわゆるネタ探し


本日の会議内容

マイコどすをより快適に使ってもらうためには
どうしたらいいのか




うーん、快適さも必要なのね



シリコン具合がどうとか

絞まり具合がどうとか

オナホの動きがどうとか

しっとり感がどうとか


快楽的な要素以外にもいろいろあるみたい




会議室で
上司やら開発者やらが
マイコどすの具合を話している


でも
私にはさっぱり分からない



ああ、マイコどすを使って具合を確かめることができない自分が口惜しい

意見を言いたいけれど言えない

悔しい


だけど
大の大人が
昼間っからお酒も飲まず

フェラだ
イボだ
絞まるだ

そんなトークを真剣にしているのは
ある意味
面白い風景である

そして

マイコどすを持つ手がだるいよね的な内容で
今日の会議は落ち着いた


奥が深いような浅いような
私にはよく分かんない時間でしたが
来週に持ち越されたこの案件
どんな提案がやってくるのかは
ちょっと興味津々







page top
男と女の間には・・・ その2
「マイコどすの遊び方をつくる」

というミッションを受け

構成を立て

さあ、あとは写真撮影で完了



事務所の片隅に撮影ブースをつくり
 
社内で手が空いていそうな

同僚をつかまえ

構成どおり
あれや、これやとマイコどすを組立ながら
カメラでパチリ、パチリ



これで皆さんが喜んでくれたらうれしいなと思いながら
パチリ、パチリ


振り返れば、入社当初
「オナホール」
という単語さえ分からなかった私
2カ月もたつと
ここまでできるのか
というくらいの成長ぶり


いまだに友人には言えないけれども
てきぱきマイコどすを設定している私自身に感無量である

人間その気になれば何でもできるもんだ





さあ、撮影も終盤
そしてとうとうあのシーンがやってくる


「じゃあ、最後はちょっと使っている感じも撮りましょうか」


え? 使っている感じ???
どんな感じ??
使っている感じって、どんなん???



えーー??
まあ、でもこんなもんかな?



ちなみに
今さらながら私は女
ここで撮影している同僚も女

女2人ががん首揃え





マイコどすを挿入しているときの角度を話し合う姿は



既にこっけいを通り越して

痛々しい



「もう少し上の方がいいかな?」
「うーん、ちょっと角度が違うかな?」




そんなもん

あるべきものがものがないんだから

分かるかいっ!!!







男と女の間には

まだまだ越えられない壁がありました

すいません





だけど頑張りました

ご興味がある方は

私たちの苦心作をぜひご覧ください





マイコどす使い方

© マイコどす! おきばりやす!. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。