FC2ブログ
知らずにアダルト業界へ足を踏み込んでしまった私は、果たしてやっていけるのでしょうか。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
せつない話、第2弾?
そういえば



せつない話で思い出したことが一つ





先日えぁ~マイコはんをJAN登録したときの話である

このえぁ~マイコはんの
「JICFS分類」が分からなかったので
あの? 上司にお願いをして決めてもらった



(JICFS分類についての説明はここでは割愛させていただきますね)



さあ、全て記入をして、JANコードを登録申請する会社へメール送信!

あとは、えぁ~マイコはんが登録されるのを粛々と待つばかり





しばらくしたある日

今日はお休みの私である

すると普段何も連絡をしてこない上司が

「いやぁ、なんか、JANコード申請で聞きたいことがあるって電話があって」

と電話をしてきた

どうやら折り返し電話がほしいという要件



んんん?

なんだ、なんだ?

いつものとおり申請をしただけだぞ、
何があったかと
買い物途中だったが
びびりながらご担当者様にその場で電話をしてみた



すると

すごくご丁寧な女性のご担当者様で
まあ、想像するに、中堅クラスのデキる感じの女性の声

その方が

「先日ご登録いただいた『えぁ~マイコ』のことですが・・・」

申し訳なさそうな声で



「すいません! 何か不手際がありましたでしょうか!」

私も少しは大人的な会話はできる


「JICFS分類が『子どものおもちゃのビニール』になっていましたが違いますよね・・・」



うわー! なんてことをしてくれたんだ!!

「すいません、すいません!! すぐに修正して再提出いたしますんで!!」

慌てふためく私



それを、デキる女性はやはり大人的な対応で

「大丈夫です
お調べしたところ内容的に『ジョークトイ』が適切ではないかと思いますので
私の方で訂正しておきます」


「うわー! すいません、すいません! 『ジョークトイ』で問題ございませんので!!」

そのデキる女性がどの方向にいるのか知らないが
イケてない営業マンのように
ケータイ片手に腰90度で頭を何度も下げ平謝り



ショッピングモールでそんなことをしている私の姿は
端から見るとこっけいであるが


でも

そんなことはどうでもいい!



きっと、きっとよ、
そのデキる女性の方も妙齢でしょうに
そこそこ実績も上げて
いい大人の女的なニオイをさせた方が
どこぞのオフィスの一角で
えぁ~マイコはんを検索して内容確認をしている姿を想像すると
なんだか、とっても申し訳ない気持ちになってしまった





この会社に入社して、はや10カ月

就職した当日にアダルトグッズを製作している会社だと判明したときでさえ
辞めたいとは思わなかった私だったか

このときばかりは

ほんと、ちらりと辞めようかと思った

そんなせつない話でした

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© マイコどす! おきばりやす!. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。